海外旅行に行くならセディナカードJiyu!da!を持つべき2つの理由

 海外旅行に行く時、両替が面倒に感じませんか?空港で両替していて、手数料をぼったくられていませんか?昔の私がそうでした。大学時代に交換留学でアメリカへ行く時、空港で両替して、後で為替レートを計算するとかなりの手数料をぼったくられていたことに気付いて悲しくなりました。

 そんな失敗を繰り返さない為に、これから海外へ行く方にはクレジットカードのセディナカードJiyu!da!を絶対に持っていくべきです。この記事では、セディナカードJiyu!da!の海外利用時の2つのメリットと日本国内で利用する時にお得な特典を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

窓口より低い手数料で両替!海外キャッシングのお得さを紹介!

 海外旅行の際に、現地通貨を手に入れる方法は窓口での両替だけではありません。海外キャッシングというクレジットカードの機能を使うと便利でお得です。海外キャッシングとは、海外のATMで現地通貨を引き出すことが出来るキャッシング機能です。現地のATMで引き出した金額は、クレジットカードの国際ブランド毎に海外事務手数料が上乗せされて、後日クレジットカード利用明細に乗ります。つまり、海外キャッシングした金額は、普段のクレジットカードでの買い物と同様に、後払いで請求されるということです

 両替よりも海外キャッシングをお勧めする理由は2つあります。1つは、待ち時間の短縮です。私が交換留学の時に空港で両替しようとした時、窓口の前に30人以上並んでいました。両替の為だけに、40分以上並んでいました。やることがなくて暇でしたw 一方で、海外の空港などに設置されているATMなら、並んでいたとしてもせいぜい5人以下です。40分以上かかることはないでしょう。

 2つ目の理由は、手数料が安いことです。そもそも、窓口での現金の両替は手数料が高いです。特に、空港の両替窓口では、かなりの手数料を為替レートに上乗せしています。空港の両替屋のレートは、私の家の近所の両替屋のレートと比べて、$1につき1円以上高かったです。両替する金額が大きくなればなるほど、手数料も高くなります。

 一方で、海外キャッシングの場合、国際ブランドによって1.6%~2%の海外事務手数料が為替レートに上乗せされて請求されます。それでも、窓口での両替よりも手数料は割安でした。以下は以前アメリカ旅行前に両替したタイミングでの為替コストです。

(窓口はトラべレックスのレート、エポスカードの海外キャッシングは、金利0円キャンペーン適応時を想定、セディナカードJiyu!da! の海外キャッシングは、利用の2日後にネットで全額返済すると想定。)

通貨 窓口 海外キャッシング (エポスカード) 海外キャッシング (セディナ)

$1,000

USD (アメリカドル)

109,420円 107,408円 107,298円

 セディナカードJiyu!da! の為替コストが最安でした。窓口と比べると、2,000円以上の差が出ました。ちなみに、この表中のエポスカードは、時々行われているキャッシング金利手数料が0円になるキャンペーンを利用している場合を想定しています。キャンペーンが利用出来ない場合には、上記の金額にキャッシングの金利 (年率18%) が加わり、総コストはもっと上がります。

 更に、キャッシング利用時の金利は日割り計算なので、利用後に早く返済すればするほど、手数料が安くなります。セディナカードJiyu!da! の場合は、最短でキャッシング利用の2日後には会員専用サイト上でPay-easy での返済が可能になります。金利が最短で2日分しかかからないので、他のクレジットカードと比べても手数料が安くなります。なお、Pay-easy を利用する為には、銀行口座とネットバンキングの設定が必要です。

海外ショッピング利用でポイント3倍

 セディナカードJiyu!da! を海外での買い物に利用すると、ポイントが3倍貯まります。還元率に直すと1.5%です!多くのクレジットカードの場合は、海外利用でもポイント還元率は変わらず、0.5%~1%のままです。クレジットカードで海外キャッシングやショッピングをすると、海外事務手数料が1.6%~2%発生します。ポイント還元率が低いカードだと、ポイント還元率の方が海外事務手数料よりも圧倒的に低いので、損します (それでも両替より手数料は安いですが)。しかし、セディナカードJiyu!da! なら、海外ショッピング利用分のポイント還元率が1.5%なので、ほんの少しの手数料 (0.1% ~ 0.13%) で済みます

海外キャッシングかクレジットカードショッピングか?

 海外で買い物をする時に、海外キャッシングで現金を用意するべきなのか、それともクレジットカード払いをすべきなのか迷うと思います。私の答えは、両方あった方がいい、です。

 多くの外国では、大量の現金を持ち歩くことは危険です。アジア人は金持ちだと思われているので、観光地などではスリや強盗、押し売りの標的にされやすいです。なので、最低限の現金 (アメリカやカナダでは$1札かコインを10~20枚程度) をチップなどの支払い用に残しておいて、普段の買い物をする時にはクレジットカードを利用すると便利です。こうすることで、小銭が手元に残り財布が重くなることを避け、多額の現金を持ち歩いていないので、安心です。(余裕があれば、ダミーの財布を用意して、少額の現金と解約して使えなくなったクレジットカードなどを数枚入れておくと良いでしょう。)

セディナカードJiyu!da! を日本国内で使うメリット

マルエツで毎週日曜日に5% off

 毎週日曜日にマルエツの店舗でセディナカードJiyu!da! を使って買い物をすると、5%の割引を受けられます。

ハローキティデザインが可愛い

 セディナカードJiyu!da! にはハローキティデザインがあります。ETCカードにも同様の特別デザインが存在します。ハローキティのファンにはたまらないクレジットカードだと思います。

nanaco, モバイルSuica, SMART ICOCA へのチャージでポイント対象

 nanaco へのクレジットチャージでポイントが獲得出来る貴重なカードです。nanaco の他に、モバイルSuica や SMART ICOCA へのクレジットチャージもポイント付与対象なので、王手スーパーなど交通系電子マネーが利用出来る店舗で買い物をすると、ポイントの2重取りが出来ます!

「キャッシュレス決済」と言えば、昔はクレジットカードしかありませんでした。ポイント還元がある分、現金払いよりもお得になります。 しかし、最...

Apple Pay のキャンペーンを頻繁に実施

 セディナカードJiyu!da! では、Apple Pay 関連のキャンペーンを頻繁に実施しています。以前は、Apple Pay 利用金額に対してポイントが10倍付与されるキャンペーンがありました。ポイント還元率0.5%の10倍なので、還元率に直すと5%でした。キャンペーン情報をこまめにチェックしましょう。

特約店での利用でポイント3倍

 セブンイレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンなどの特約店でセディナカードJiyu!da! を使うと、ポイントが3倍になり、ポイント還元率が1.5%になります。特定の店舗だけですが、ポイント還元率1.5%は驚異的です!これらの店舗は王手スーパーで全国展開しているので、近所にどれかの店舗はあるのではないでしょうか?

ポイント交換先が豊富

 セディナカードJiyu!da! で貯めたポイントは、Amazonギフト券、dポイント、JCB ギフト券、 VJA ギフトカードなど、様々な商品と交換が出来ます。商品によっては、ポイントの価値が変化するので注意しましょう。Amazon ギフト券、dポイント、各種ギフト券は1ポイント = 5円のレートで交換出来るのでお得です。

セディナカードJiyu!da! の注意点

リボ払い専用カード

 セディナカードJiyu!da! はリボ専用カードです。初期設定のままだとリボ払い手数料が発生してしまいます。ですが、設定を変更することで、手数料を無料にすることが出来ます。

 セディナカードJiyu!da! の特徴は、リボ払いの金額を自分で設定出来ることと、初回の支払い金額に対してはリボ手数料が発生しないことです。これらの特徴を利用して、初回で全ての請求額を支払う設定に変更することで、手数料無料で、実質1回払いのクレジットカードとして利用出来ます。設定方法は簡単です。まず会員専用サイトへログインして、リボ払いの金額変更画面へ進みます。そして、リボ払いの金額をカードの利用可能枠と同じ金額に変更しましょう。例えば、利用可能枠が50万円のカードの場合はリボ払い金額も50万円に設定しましょう。(1回払いの利用可能枠よりもリボ払いの利用可能枠の方が少なく設定されている場合もあります。その場合には、リボ払いの利用可能枠の金額を入力しましょう。)

キャッシング枠の設定が必須

 海外キャッシングを利用する為には、クレジットカード申込時か申込後に、キャッシング枠を設定する必要があります。キャッシング枠は、自分が海外キャッシングで利用するであろう金額を設定しておきましょう。殆どの場合は、最低額の10万円で足りると思います。

 キャッシング枠を設定する場合、カード会社の審査が必要になります。カード申込時にキャッシング枠を設定する場合は、カード入会審査に時間がかかります。気長に待ちましょう。カード入会後にキャッシング枠を設定する場合も、審査に時間がかかります。海外旅行前に余裕を持って申し込みましょう

 なお、キャッシング枠50万円以上を希望する場合と、他のクレジットカードを含めたキャッシング枠の合計が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要になります。会社員の方は源泉徴収票のコピーを提出しましょう。個人事業主の方は確定申告書のコピーを提出しましょう。

セディナカードJiyu!da! 基本情報

年会費:永年無料

国際ブランド:JCB, VISA, MasterCard

ポイント還元率:0.5% (特約店、海外利用分は1.5%)

旅行保険:国内旅行保険が利用付帯 (入院・通院保障)

セディナポイントモール:ネットショッピング時に経由するとポイントが最大21倍に!

まとめ

 セディナカードJiyu!da! は海外旅行へ行く方は必須のカードです。他のクレジットカードと比べて、海外キャッシングの手数料が安いこと、海外ショッピング利用分のポイント還元率が1.5%になるなど、優れている点が多いです。

 国内で利用する場合には、セブン&アイグループ店舗やイオングループの店舗を利用すると、ポイント還元率が1.5%になります。マルエツでは5%の割引特典も付いています。電子マネーへのクレジットチャージもポイント付与対象なので、使い方次第でポイントの2重取りも可能になります。ハローキティデザインも選べるので、可愛いクレジットカードを探している方にもオススメです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私はクレジットカードを40枚以上発行してきました。日本で発行されているほとんど全てのクレジットカードのポイント還元率、年会費などの情報が頭に入っています。還元率が2%以上のクレジットカードを使い、年間で30,000ポイント (=30,000 円相当) 以上貯めて、お得な生活を送っています。

そんなクレカマニアの私も、初めてクレジットカードを作った時はとても不安でした。

大学生時代にアメリカ留学が決まり、現地での買い物用にクレジットカードを発行することになった時、挫折しそうになりました。クレジットカードってどんな仕組みなのか?審査に通るかな?

ネットで色々調べましたが、あまりの情報量の多さに、面倒に感じましたが、「得をするぞ!」という強い精神力で乗り切りましたww

当時の私のように、「クレジットカードって何?」「どんな仕組みなの?」「どうやって選べば良いの?」などの様々な疑問を持っている方の助けになればと思い、当ブログを運営しています。

LINE@にて、新着記事の情報だけではなく、登録者限定で、クレジットカード選びのコンサルティングをしています。

クレジットカードって何が違うの?還元率が高いカードはどれ?などなど...

ブログには書けない裏情報もたまに発信しています。

登録はこちら。

友だち追加

新着キャンペーン情報などをRTしているTwitterはこちら。

https://twitter.com/Credit_Card_M

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク