UCプラチナカードはポイントが貯まりやすいのか?ポイント還元率とメリットを解説

Pocket

2021年6月に、

UCプラチナカードというカードが新登場しました。

UC PLATINUM カード

(出典: UCプラチナカード公式サイト)

 

年会費が¥16,500 (税込) と安いプラチナカードとして

一時期、Twitter で有名になりましたが、

その後ほとんど情報が出てきませんw

 

UCプラチナカードはポイント還元率が高いのか?

 

ググってみても情報が出てこなかったので、

私が計算したUCプラチナカードの還元率、

UCプラチナカードのメリットとデメリット、

UCプラチナカードを使いこなせる人はどんな人か、

ということをこの記事で紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UCプラチナカードの基本情報

年会費: ¥16,500(税込)

家族カード年会費: ¥3,300(税込)

 

国際ブランド:VISAのみ

 

ポイント還元:利用金額の合計1,000円毎に2ポイント (1ポイント = 5円相当)

 

海外旅行保険自動付帯

 

国内旅行保険自動付帯

 

通信端末修理費用保険:自動付帯 (年1回、最大¥30,000まで)

 

ショッピングガード:自動付帯

 

その他特典:宿泊施設優待、飲食店優待

 

タッチ決済を搭載

ポイント還元率は?

UCプラチナカードのポイント還元率は、

計算が少し複雑です。

 

基本ポイントとしては、

1,000円毎に2ポイントで、

1ポイント = 5円相当なので、

1%還元です。

 

この基本還元率に上乗せして、

ボーナスポイント制度があります。

 

当年10月〜翌年9月までの12ヶ月間に

ポイントが付く月が10回以上ある場合、

100ポイントがボーナスポイントとして付与されます

 

「ポイントが付く月」ということは、

「税込1,000円以上の買い物がある月」ということです。

 

さらに、上記の条件を達成した上で、

UCポイントが累計で1,000ポイント以上貯まると、

150ポイントがボーナスポイントとして付与されます

 

1年間の内に1,000ポイント貯めようと思うと、

50万円以上利用する必要があります。

 

50万円利用した場合のポイント還元率は以下の通りです。

 

通常ポイント (1%):1,000

ボーナスポイント 1 (1年間で10回以上ポイントをゲット):100

ボーナスポイント 2 (累計1,000ポイント以上ゲット):150ポイント

 

合計:1,250ポイント = 6,250円相当

(1ポイント = 5円の景品に交換した場合)

 

6,250 ポイント / ¥500,000 = 1.25%

 

1年間でほぼ毎月1,000円以上、

合計で50万円使った場合は、1.25%のポイント還元率となります。

 

 

しかし、この還元率には、年会費が含まれていません。

 

年間のポイントから年会費を引くと、

6250 – 16500 = -10,250

 

還元率に直すと、

-10,250 / 500,000 = -2.05%

 

年会費を加味すると、

年間で50万円しか使わなかった場合の還元率は

なんとマイナスになってしまいます。

 

 

年間で100万円使った場合も計算してみましょう。

 

通常ポイント (1%):2,000

ボーナスポイント 1 (1年間で10回以上ポイントをゲット):100

ボーナスポイント 2 (累計1,000ポイント以上ゲット):150ポイント

 

合計:2,250ポイント = 11,250円相当

11,250 ポイント / ¥1,000,000 = 1.125%

 

年会費を加味すると、

11,250 – 16,500 = -5,250

 

-5,250 / 1,000,000 = -0.525%

 

 

年間で100万円使った場合でも、

還元率はマイナスになってしまいます。

 

 

UCプラチナカードのポイント還元率は低すぎます

 

ポイント目的で作るカードではないですね。

UCプラチナカードのメリットは?

ポイント還元率だけを見ると、

マイナスになってしまうことがわかりました。

 

ではUCプラチナカードにはポイント還元以外の

どのようなメリットがあるのか?

 

UCプラチナカードでは

VISAのプラチナカードに付いているサービスが

一通り利用できます

 

具体的には、以下のサービスを利用できます。

 

VPCC (Visa プラチナコンシェルジュセンター)

Visaプラチナ空港宅配 (1個目が¥500になる)

Visaプラチナ海外WiFiレンタル

Visaプラチナ空港送迎ハイヤー

空港ラウンジサービス

Visaプラチナラグジュアリーダイニング

Visaプラチナホテルダイニング

グルメクーポン

Visaプレミアムカーレンタル

Visaプラチナゴルフ

 

上記のサービスは

UCプラチナカードに限らず、

VISAブランドのプラチナカードを持っていれば

利用できるサービスです (一部カード会社が発行するプラチナカードを除く)。

 

 

UCプラチナカードを使いこなせるのはこんな人

ポイント還元率には魅力のないUCプラチナカードですが、

VISAブランドのプラチナカードのサービスは利用できます。

 

そして、他のVISAプラチナカードは

UCプラチナカードよりも年会費が高いものが多いです。

 

三井住友カードプラチナ:¥55,000 (税込)

三井住友カードプラチナプリファード:¥33,000 (税込)

エポスプラチナカード:¥20,000 (税込、招待状を受け取っていない場合は¥30,000)

セディナプラチナカード:¥33,000

 

など。

 

 

これらのプラチナカードと同等のサービスを

¥16,500 (税込) という安い年会費で受けることができる

 

これがUCプラチナカードのメリットですね。

 

ということは、

UCプラチナカードを使いこなせるのは、

VISAプラチナカードのサービスを利用する予定のある人

ということになります。

 

24時間営業のコンシェルジュデスクに

旅行やレストランの手配をお願いすることが多い、

少し高級なホテルやレストランを利用することがある、

 

または、通信端末修理費用保険という、

珍しい補償サービスを使って、

モバイルゲーム機 (Nintendo Switch や PSPなど) の保険代わりにしたい場合にも、

UCプラチナカードを手に入れるメリットはあると思います。

まとめ

この記事では、

UCプラチナカードのポイント還元率とメリットと、

UCプラチナカードを使いこなせるのはどんな人か、

について解説しました。

 

ボーナスポイント、年会費を含めて

ポイント還元率を計算してみると、

年間50万円使った場合も、100万円使った場合も、

還元率はマイナスになってしまいます。

 

UCプラチナカードは

ポイント還元率が高いカードを探している人には向きません。

 

UCプラチナカードのメリットとしては

安い年会費で、VISAプラチナカードのサービスを受けることができることです。

 

コンシェルジュデスク、レストランやホテルでの優待を

活用する予定があるなら、

UCプラチナカードに申し込んでみる価値はあると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


クレジットカードランキング

私はクレジットカードを40枚以上発行してきました。日本で発行されているほとんど全てのクレジットカードのポイント還元率、年会費などの情報が頭に入っています。還元率が2%以上のクレジットカードを使い、年間で30,000ポイント (=30,000 円相当) 以上貯めて、お得な生活を送っています。

そんなクレカマニアの私も、初めてクレジットカードを作った時はとても不安でした。

大学生時代にアメリカ留学が決まり、現地での買い物用にクレジットカードを発行することになった時、挫折しそうになりました。クレジットカードってどんな仕組みなのか?審査に通るかな?

ネットで色々調べましたが、あまりの情報量の多さに、面倒に感じましたが、「得をするぞ!」という強い精神力で乗り切りましたww

当時の私のように、「クレジットカードって何?」「どんな仕組みなの?」「どうやって選べば良いの?」などの様々な疑問を持っている方の助けになればと思い、当ブログを運営しています。

LINE@にて、新着記事の情報だけではなく、登録者限定で、クレジットカード選びのコンサルティングをしています。

クレジットカードって何が違うの?還元率が高いカードはどれ?などなど...

ブログには書けない裏情報もたまに発信しています。

登録はこちら。

友だち追加

新着キャンペーン情報などをRTしているTwitterはこちら。

https://twitter.com/Credit_Card_M

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク