海外旅行におすすめのカードはこれだ!

Pocket

以前の記事では

海外でクレジットカードを利用する際の

3つの注意点を解説しました。

コロナが落ち着いてきて、 海外旅行がやっと現実的になってきましたね。     海外へ行くときには、 必要最低限の現金とクレジットカードを ...

 

 

今回の記事では

海外での利用 (外貨決済) におすすめの

最強のカードを紹介します。

 

 

この記事を読むことで

海外旅行などで外貨決済をするときに、

 

海外事務手数料が一切発生せず

しかも優遇された為替レートを利用して

外貨での買い物ができるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Revolut という最強のデビットカード

外貨決済で最も安く買い物ができるのは

Revolut というデビットカードを利用した場合です。

 

 

Revolut は、もともとイギリスで始まったサービスで、

クレジットカードか銀行振込で入金した金額を

好きな通貨に両替することができます。

 

 

Revolut はプラスチックのカードを1枚無料で発行でき、

カード番号だけのバーチャルカードを

100枚程度まで無料で発行できます。

 

 

Revolut の公式サイトはこちら

https://www.revolut.com/ja-JP/

 

(Revolut を銀行アプリとみなすならデビットカード呼べるし、

事前に入金しないと使えないので、

プリペイドカードとも呼べますw)

 

 

Revolut に入金した金額は

国内外での買い物に利用することができます。

(プリペイドカードに近いですね^^)

 

 

 Revolut には以下の4つのメリットがあります。

 

・海外事務手数料が無料

・銀行間の優遇レートでの両替が可能

・クレジットカードからの入金が可能

・支払い金額の1%キャッシュバック (月額、税込¥1,980のメタル会員限定) 

・金属製カードが発行可能 (月額、税込¥1,980のメタル会員限定) 

 

順番に解説していきますね。

Revolut のメリット1: 海外事務手数料が無料

Revolut に入金した金額は

手数料無料で、対応する通貨に一瞬で両替が可能です。

(土日と一部通貨は手数料が1%発生します。)

 

 

日本円で入金してからアメリカドルに両替したり、

アメリカドルから日本円に両替し直すこともできます。

 

 

クレジットカードで直接外貨決済すると

カード会社の海外事務手数料が1.6% ~ 2.20%程度かかりますが、

 

クレジットカードから Revolut に入金してから

入金した金額を外貨に両替して買い物することで、

 

クレジットカードへの請求は日本円になるので

海外事務手数料が発生しません

 

 

これこそが、Revolut が海外利用で最強であると

私が考えている一番大きな理由です。

 

 

Revolut を使えば、

カード会社の海外事務手数料を気にしなくて良くなるんです^^

 

 

好きなカードで、外貨決済ができて、

しかも手数料も発生しない (一部通貨と土日を除く)!

 

 

そんな、夢のようなカードなんですよね^^

Revolut のメリット2: 銀行間の優遇レートでの両替が可能

Revolut アプリ内で両替するとき、

使用される為替レートは

銀行間で使われているレートになります。

 

 

これは銀行が客に対して提示している

$1につき¥1などの

バカ高い手数料などがかからないレートです。

 

 

外貨ショップなどと比べても、

余計な手数料がかからない分

安く両替することができます。

 

 

外貨ショップや空港での両替と比べても、

 

クレジットカードで外貨決済した場合の

海外事務手数料込みのレートと比べても、

 

Revolut の両替レートは優遇されています。

Revolut のメリット3: クレジットカードからの入金が可能

Revolut の残高への入金方法は

銀行振込とクレジットカードからの入金の

2つがあります。

 

 

クレジットカードからの入金では、

デビットカードやプリペイドカードからの入金できます。

(一部カードを除く)

 

 

例えば、Kyash から Revolut 残高へ入金できます。

 

 

銀行振込で入金することのメリットは

国内外のATMで出金可能であることくらいですね。

 

 

海外でどうしても現金が必要な場合は

ネットバンクなどを利用して

Revolut の指定口座に入金することで、

その金額を引き出すことができます。

 

 

なお、クレジットカードからの入金分は

出金できません。

Revolut のメリット4: 支払い金額の1%キャッシュバック (月額、税込¥1,980のメタル会員限定) 

Revolut の両替サービスや外貨決済サービスは

無料で利用することができますが、

 

月額¥1,980 (10%税込) のメタル会員になることで、

Revolut カードでの支払い金額の1%を

キャッシュバックで受け取れる特典を受けることができます。

 

 

キャッシュバック対象となるのは

Revolut 残高を使った支払いなので、

日本円でも外貨建てでも対象になります。

 

 

この 1%キャッシュバックは

1ヶ月間の上限が 5,000円なので、

 

1ヶ月間に50万円までの支払い分が

1%キャッシュバックの対象になります。

 

 

月会費として ¥1,980 払っているので、

1ヶ月間に198,000円使えば月会費が実質無料になり、

 

それ以上使えば、月会費以上に得になります。

 

 

クレジットカードで入金する場合なら、

クレジットカードの還元率 (1%) + Kyash 0.2% (5万円まで) + Revolut 1%

= 2.2% まで還元率を高められます。

 

 

もちろん、クレジットカードの還元率が高いほど、

最終的な還元率を上げられます。

 

 

Revolut のキャッシュバック上限である

毎月50万円まではガンガン使うといいでしょう^^

 

 

なお、キャッシュバック上限の基準となる「1ヶ月」とは

メタル会員になった日から起算になるので、

 

1日に入会すれば、その月の月末まで、

10日に入会すれば、翌月の9日まで

20日に入会すれば翌月の19日まで

 

というようなサイクルになります。

 

 

ガンガン使う場合には、

カレンダーアプリなどにサイクルが切り替わる日を

登録しておくと便利です。

Revolut のメリット5: 金属製カードが発行可能 (月額、税込¥1,980のメタル会員限定) 

メタル会員になることの他のメリットとして、

金属製のカードを発行できるというものがあります。

 

 

メタル会員になることで

1枚目の金属製カードは無料で発行でき、

2枚目以降は¥5,999 (税込) で発行できます。

 

 

色は以下の5色から選べます。

・ブラック

・ゴールド

・スペースグレー

・ローズゴールド

・ラベンダー

 

 

実際に5色揃えた写真がこちらです。

Revolut Cards Metal

 

重さは18gで、

ラグジュアリーカードよりは軽く、

アメックスプラチナカードとほぼ同じです。

 

 

ラグジュアリーカードとの色合いの比較写真はこちらです。

ゴールドはラグジュアリーカードよりも薄く、

ブラックはラグジュアリーカードとほぼ同じですが

光沢のあるブラックでした。

 

やはり、ラグジュアリーカードゴールドは

金色の鏡ですね^^

Revolut のデメリット

これまでベタ褒めしてきた Revolut ですが、

以下の3つのデメリットがあります。

 

・無料会員だと還元率が0%

・Revolut のサービス自体の将来性が不安定

・土日の両替は手数料が1%かかる

 

 

順番に掘り下げていきます。

Revolut のデメリット1: 無料会員だと還元率が0%

海外旅行などで日本円以外での支払い専用に

Revolut を使うなら気にならないかもしれませんが、

 

事前入金をしてプリペイドカードとして使うなら、

やはり少しでも還元率がある方が嬉しいですよね。

 

 

メタル会員になれば

1%のキャッシュバックを受けられますが、

 

月会費以上の還元を受けるには

毎月20万円以上使う必要があります。

 

 

毎月の利用金額が少ないうちは

無料会員で、海外専用で使うくらいしか

使い道がないですね。

Revolut のデメリット2: Revolut のサービス自体の将来性が不安定

2022年9月、

Revolut が金融庁から行政処分を受けました。

 

 

「経営管理態勢、外部委託先管理態勢、

マネロン・テロ資金供与リスク管理態勢について、

重大な問題が認められた」とのことで、

 

今後のサービス提供がいつまで続くのか、

将来性に不安定さを感じます。

 

 

サービス終了の知らせがいつきてもいいように、

必要以上に残高を溜め込まないことをオススメします。

 

 

行政処分の詳細はこちら

https://lfb.mof.go.jp/kantou/kinyuu/pagekthp0270000010.html

Revolut のデメリット3: 土日の両替は手数料が1%かかる

平日の両替は手数料無料ですが、

 

ロンドン時間での土日に両替をすると

1%の手数料がかかります。

 

 

ロンドン時間での土日に外貨決済を行う予定がある場合は、

事前に両替しておきましょう。

 

 

なお、手数料率は1%なので、

金額を少額に調整することで

手数料を0にすることは可能です。

外貨決済最強カード Revolut を使いこなし、お得に海外旅行に行こう!

この記事では

外貨での支払い時に最もお得になる

Revolut について解説しました。

 

 

Revolut を使うことで、

・海外事務手数料が無料になり、

・銀行間の優遇レートでの両替が可能で、

・クレジットカードからの入金が可能で、

・支払い金額の1%キャッシュバックを受け、 (月額、税込¥1,980のメタル会員限定) 

・金属製カードも発行可能 (月額、税込¥1,980のメタル会員限定) 

になります。

 

 

Revolut には

・無料会員では還元率が0%、

・Revolut のサービスの将来性が不安定、

・土日の両替は手数料が1%かかる

などのデメリットがありますが、

 

これらのデメリットを考慮しても、

Revolut は外貨決済で最強だと思います。

 

 

これから海外に渡航する場合や

外貨での買い物があるなら、

 

まずは無料でアプリをダウンロードして

無料会員になっておくことをオススメします。

 

 

本人確認書類のアップロードなどの

諸手続きが終わらないと

Revolut を使える状態にならないので、

早めに準備しておきましょう^^

 

https://www.revolut.com/ja-JP/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


クレジットカードランキング

私はクレジットカードを40枚以上発行してきました。日本で発行されているほとんど全てのクレジットカードのポイント還元率、年会費などの情報が頭に入っています。還元率が2%以上のクレジットカードを使い、年間で30,000ポイント (=30,000 円相当) 以上貯めて、お得な生活を送っています。

そんなクレカマニアの私も、初めてクレジットカードを作った時はとても不安でした。

大学生時代にアメリカ留学が決まり、現地での買い物用にクレジットカードを発行することになった時、挫折しそうになりました。クレジットカードってどんな仕組みなのか?審査に通るかな?

ネットで色々調べましたが、あまりの情報量の多さに、面倒に感じましたが、「得をするぞ!」という強い精神力で乗り切りましたww

当時の私のように、「クレジットカードって何?」「どんな仕組みなの?」「どうやって選べば良いの?」などの様々な疑問を持っている方の助けになればと思い、当ブログを運営しています。

LINE@にて、新着記事の情報だけではなく、登録者限定で、クレジットカード選びのコンサルティングをしています。

クレジットカードって何が違うの?還元率が高いカードはどれ?などなど...

ブログには書けない裏情報もたまに発信しています。

登録はこちら。

友だち追加

新着キャンペーン情報などをRTしているTwitterはこちら。

https://twitter.com/Credit_Card_M

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク