クレジットカードの還元率を0.5%上げる裏技

Pocket

クレジットカードでの買い物は、現金での支払いよりもお得です。

 

その理由は、決済額に応じてポイントやマイルが貯まるから。

 

多くのクレジットカードのポイント還元率は

0.5% (1,000円毎に1ポイント、1ポイント=5円の価値) 〜1% (100円毎に1ポイント、1ポイント=1円の価値) です。

 

このクレジットカードの還元率を更に上げる方法をご存知ですか?

 

場合によっては手数料が200円程度かかるかも知れませんが、

手数料以上にお得になる場合が多いです。ポイントの2重取りが可能です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プリペイドカードにクレジットチャージする

最近では、多くのプリペイドカードが登場しています。

 

中でも、ANAマイルを貯めている方オススメなのは、

ANA JCB プリペイドカードANA VISA プリペイドカードです。

 

この2枚のプリペイドカードは、クレジットチャージに対応ており、

それぞれJCB ブランドのクレジットカードと

VISAかMasterブランドのクレジットカードから

チャージすることが出来ます。

 

ANA JCB プリペイドカードANA VISA プリペイドカードで決済すると、

決済額の0.5%のANA マイルが付与されます。

(月間利用額1,000円未満の利用分は切り捨て)

 

クレジットチャージに使用するカード会社によっては、

カード会社のポイントも貯まります

 

カード会社のポイント + 0.5%のANA マイルがゲット出来るので、

還元率が+ 0.5%になります!

 

なお、どちらのプリペイドカードの場合も、

チャージ上限額は30万円となっているので、

この金額以上の買い物には利用出来ません。

 

逆に、30万円未満の買い物時には、

クレジットチャージしたANA JCB プリペイドカードANA VISA プリペイドカードを利用することで、

還元率を上げる事が出来ます。

 

ANAマイルには興味がない!

マイルよりも現金還元が良い!

という方には、Kyash カードをオススメしています。

ANA JCB プリペイドカードについて

ANA JCB プリペイドカードは、

JCB ブランドのクレジットカードから、

チャージ手数料無料でクレジットチャージが可能です。

 

ANA JCB プリペイドカードは、

1ヶ月間の利用合計金額1,000円 (税込) 毎に、

5 ANA マイル貯まります (還元率 0.5%)。

 

つまり、クレジットチャージに使用するクレジットカードの還元率が

単純に0.5%アップします!

 

例えば、楽天カード (還元率 1%) からANA JCB プリペイドカードにクレジットカードした場合、

合計還元率は1% + 0.5% = 1.5% になります!

(1楽天ポイントは0.5 ANAマイルに交換可能なので、合計のANAマイル還元率は、0.5% + 0.5% = 1.0%。)

 

ANA JCB プリペイドカードへのクレジットチャージでポイントが貯まるカードは、

2019年2月現在、殆ど全てのJCBブランドのクレジットカードです (本人認証サービスへの登録が必要)。

 

例外として、株式会社ジェーシービーが発行するカード (ANA JCB カードなど)や、

ポケットカードが発行するP-Oneカードからクレジットチャージしても、

ポイントは貯まりません。

(P-one Wizカードは、1%割引、ポイント付与、共に対象外です。)

ANA VISA プリペイドカードについて

ANA VISA プリペイドカードは、

VISAかMASTERブランドのクレジットカードからクレジットチャージが可能です。

 

手数料は、1回につき200円 です。

 

VJA グループ発行のクレジットカード (三井住友カードなど)

からのクレジットチャージは手数料無料になりますが、

ポイント付与対象外ですのでご注意下さい。

 

チャージの金額は、

1回毎に500 ~ 300,000円の間で1円単位で選択することが可能です。

 

クレジットチャージ手数料を最小化するには、

1度のチャージで30万円満額チャージすると良いでしょう

(※2021年に、1度のチャージ上限が10万円に引き下げられてしまいました。)

 

JCB ブランドのANA プリペイドカードと同様に、

ANA VISA プリペイドカードは、

1ヶ月間の利用合計金額1,000円 (税込) 毎に、

5マイル貯まります (還元率 0.5%)。

 

つまり、クレジットチャージに使用するクレジットカードの還元率が0.5%アップします!

(クレジットチャージ1回につき200円の手数料がかかります。)

 

例えば、楽天カード (還元率 1%) からANA VISA プリペイドカードに10万円クレジットカードした場合、

合計還元率は1% + 0.5% = 1.5% になります!

(1楽天ポイントは0.5 ANAマイルに交換可能なので、

合計のANAマイル還元率は、0.5% + 0.5% = 1.0%。)

 

得られるポイント・ANA マイル数は以下の通りです (1楽天ポイント = 1円として計算)。

 

   1,000 (1%) + 500 ANAマイル (0.5%) – 200 (手数料) = 1,000 – 200 + 500マイル

= 800円 + 500 ANAマイル お得

 

還元率1%の楽天カードでそのまま買い物するよりも、

500マイル と 800円お得になります

(0.5%マイル還元 + 楽天ポイント – チャージ手数料200円)。

 

ANA VISA プリペイドカードへのクレジットチャージでポイントが貯まるカードは、

2021年5月現在、ほぼ全てのVISA か MASTERブランドのクレジットカードです。

(VJAグループ発行のカード以外) (本人認証サービスへの登録が必要)

 

実際に、VIASO カードでクレジットチャージしたところ、

VIASO ポイントが0.5%分確かに付いていました。

Kyash カードについて

Kyash カードとは、

元々個人間の割り勘や送金機能を持ったアプリ「Kyash」

が発行するヴァーチャルカードでした。

 

2018年に、リアルカード (プラスチックカード) の発行を開始し、

実店舗でも利用可能になりました。

 

リアルカード発行を記念して、

Kyash リアルカード申し込み者限定で、

Kyash の利用額 (送金額除く) の2%がKyash 残高としてキャッシュバックされるキャンペーンが開催されていました。

 

その後、何度もポイント還元率が改善、改悪を繰り返し、

2021年5月現在、ポイント還元率は0.2% (月に5万円利用で上限達成) になっています

 

かつての2%還元ほどのインパクトはありませんが、

Kyash を経由することで、

クレジットカード単体で購入するよりもお得になることは変わりません。

Kyashカードの利用方法

Kyash カードを利用するには、

まずKyash アプリをインストールして会員登録を済ませます。

 

https://www.kyash.co/

 

その後、クレジットカード (VISA か Master)、銀行口座、ATM のどれかから

Kyash 残高に入金します。

 

(※2021年の改悪により、クレジットチャージから残高への入金機能は廃止されました。

 

2021年5月現在、クレジットカードを紐付ける「リンク決済」という方法で、

クレジットカードから支払うことができます。)

 

クレジットカードからの入金手数料は無料です。

 

Kyash カードで決済をする際に、

「自動チャージ」という機能を設定出来ます。

 

これを設定しておくと、

Kyash 残高を上回る買い物をする際に、

残高超過分を指定したクレジットカードから自動的に支払われます。

 

(※2021年5月現在、自動チャージ (リンク決済) 機能を使わないと、

クレジットカードから決済することはできません。)

Kyash カード利用時のクレジットカードのポイント

2021年5月現在、

ほぼ全てのVISA / Master ブランドのクレジットカードで

クレジットカードのポイントが貯まります

 

三井住友カードなどの大手カード会社のカードでもポイントが貯まりますので、

ANAマイルを貯めている多くの方が持っているであろう

ANA VISA ワイドゴールドカードからのチャージでも、

ポイントが貯まります。

Kyash キャッシュバック対象外取引

以下の取引の場合には、

Kyash カードを利用しても0.2%分のポイントを得られませんのでご注意下さい。

 

モバイルSuica、前払式支払手段(第三者型)の購入、

チャージ (WAON、nanaco、楽天Edyなどのプリペイド式電子マネー)、

PayPal決済商品券購入、寄付や税金の支払いです。

 

Kyash カードは、本人認証サービスに対応していますが、

上記の電子マネーへのチャージではポイントが付かないので

気をつけましょう。

Kyash カードの問題点

Kyash カードには、

ANA JCB プリペイドカードANA VISA プリペイドカードにはない問題点があります。

 

それは、ポイント対象の月間決済額とてつもなく低いことです!

 

還元率0.2%なので、月間で5万円を超える決済に対しては、

ポイントが付きません!

 

1ヶ月に5万円を超える大きな買い物で利用する場合には、

ANA JCB プリペイドカードANA VISA プリペイドカードがオススメです。

ANA JCB プリペイドカード / ANA VISA プリペイドカードをお得に発行する方法

ANAが実施している紹介プログラムを利用することにより、

ANA JCB プリペイドカードかANA VISA プリペイドカードを初めて発行する時に、

ボーナスマイルを獲得出来ます。

紹介希望の方は、ブログ上部の「お問い合わせ」リンクより連絡下さい。

まとめ

多くのクレジットカードの還元率は0.5% ~ 1.0%です。

 

この還元率を上げるためには、

プリペイドカードを併用することがオススメです。

 

クレジットカードのポイントとプリペイドカードのポイント・マイルの2重取りが可能になります

 

普段の買い物に1ステップ加えて、お得に買い物をしましょう!

LINE@始めました

新着記事情報発信や、クレジットカードに関するコンサルティングを計画しています。

 

友だち追加

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


クレジットカードランキング

私はクレジットカードを40枚以上発行してきました。日本で発行されているほとんど全てのクレジットカードのポイント還元率、年会費などの情報が頭に入っています。還元率が2%以上のクレジットカードを使い、年間で30,000ポイント (=30,000 円相当) 以上貯めて、お得な生活を送っています。

そんなクレカマニアの私も、初めてクレジットカードを作った時はとても不安でした。

大学生時代にアメリカ留学が決まり、現地での買い物用にクレジットカードを発行することになった時、挫折しそうになりました。クレジットカードってどんな仕組みなのか?審査に通るかな?

ネットで色々調べましたが、あまりの情報量の多さに、面倒に感じましたが、「得をするぞ!」という強い精神力で乗り切りましたww

当時の私のように、「クレジットカードって何?」「どんな仕組みなの?」「どうやって選べば良いの?」などの様々な疑問を持っている方の助けになればと思い、当ブログを運営しています。

LINE@にて、新着記事の情報だけではなく、登録者限定で、クレジットカード選びのコンサルティングをしています。

クレジットカードって何が違うの?還元率が高いカードはどれ?などなど...

ブログには書けない裏情報もたまに発信しています。

登録はこちら。

友だち追加

新着キャンペーン情報などをRTしているTwitterはこちら。

https://twitter.com/Credit_Card_M

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] Kyash カードへVISA / Mastercard のクレジットカードからクレジットチャージを行い、Kyash […]

  2. […]  ちなみに、こちらの記事で紹介している、プリペイドカードを併用して、ポイント還元率を上げつつ、利用金額を稼ぐ裏技は、JCB ブランドの場合には利用出来ません。セブンカード・プラス (JCB) は、株式会社ジェーシービーが発行するクレジットカードなので、ANA JCB プリペイドカードにクレジットチャージ しても、ポイントが付与されません。ご注意下さい。VISA ブランドの場合には、未検証ですので、ANA VISA プリペイドカードへのクレジットチャージ金額に対してポイントが付与されるかどうかは不明です。 […]