ステータスカードのポイント還元率を簡単に上げる裏技とジレンマ

 「ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード… ステータスカードに憧れるけど、ポイント還元率が低いんだよなぁ・・・年会費が高い上に還元率が低いんじゃあ使えないなぁ。」かつての私はこう思っていました。しかし、実はステータスカードの還元率を簡単に2%上げる方法が存在するんです!!この記事では、クレジットカードを50枚以上発行してきたクレカマニアでありポイントマニアの私が、あらゆるステータスカードの還元率を2%引き上げる裏技とこの方法の問題点を紹介します。

還元率を上げる裏技

 まず、国際ブランドが VISA か Mastercard のステータスカード限定で還元率を2%上げることが出来ます。その方法は簡単で、プリペイドカードの Kyash カードへVISA / Mastercard のクレジットカードからクレジットチャージを行い、Kyash カードを使って日常の買い物を行います。たったこれだけです。

 JCB ブランドのステータスカード (株式会社ジェーシービーが発行しているカード以外) の還元率を上げるには、 Kyash カードの代わりに、ANA JCB プリペイドカードへクレジットチャージし、チャージした金額を使って買い物をします。この場合、還元率は0.5%アップします。

 詳しい方法は以下の記事で丁寧に紹介しています。

クレジットカードでの買い物は、現金での支払いよりもお得です。その理由は、決済額に応じてポイントやマイルが貯まるから。多くのクレジットカード...

還元率を上げられるステータスカードの例

ラグジュアリーカード (ゴールド・ブラック・チタン)

 金属製クレジットカードとして有名なラグジュアリーカードは、国際ブランドが Mastercard なので、Kyash カードを利用することで、還元率が2%アップします!また、ラグジュアリーカードはポイント付与単位が1,000円毎なので、1,000円単位でクレジットチャージ出来る Kyash カードと合わせると、ポイントの取りこぼしが無く、相性が良いです。

三井住友プラチナカード

 あらゆる電子マネーへのクレジットチャージに対してポイントが付与されないことで有名な三井住友カードですが、2019年6月現在、Kyash カードへのクレジットチャージ及び自動チャージに対してポイントが付与されます (メールにて確認済み)。近い内に規制される可能性が高いので、ポイントが付与されている内に利用すべきです。

 三井住友カードを持っていない方は、クラシックカード、エブリプラス、ゴールドカードなどで時利用実績を積んでからの方が、審査通過率は高くなります。

コンビニでクレジットカードを使いますか?もし使っている場合は、ポイントと時間をかなり得しています!!この記事では、コンビニ (セブンイレブ...
三井住友カードのポイントプログラム「ワールドプレゼントポイント」は、複数の景品・ポイント・マイル・iDバリューなどへ交換出来ます。この記事...
25歳以下でポイント還元率が高く年会費無料のクレジットカードを探している方にオススメなのは、三井住友VISAデビュープラスカードです。ここ...

エポスプラチナカード

 手頃な年会費と高いポイント還元率を誇り、実利派向けのプラチナカードとして知られているエポスプラチナカードも、Kyash カードへのクレジットチャージがポイント付与対象です。エポスプラチナカードの場合は、年間利用額に応じてボーナスポイントをゲット出来ます。年間で200万円以上、誕生月に30万円程度以上利用する場合は、エポスゴールドカードよりもプラチナカードの方がポイント還元率は高くなります。エポスプラチナカードからKyash カードへクレジットチャージした金額は、年間利用金額に含まれます。さらに、Kyash カードを経由することで2%還元されます。元々還元率高いエポスプラチナカードの還元率を更に高めることが出来ます!最低でも4.5% (リボ払い + ATM返済利用時、年間200万円以上利用した場合) 以上の還元率になります!

Kyash カードの弱点

 Kyash カードの弱点は、1回あたりの買い物の上限額の低さ、プリペイドカードであるがゆえに月額サービスに登録出来ない、暗証番号取引に対応していない、本人認証サービスに対応していない、などです。詳しくは以下の記事をご参照下さい。

クレジットカードでの買い物は、現金での支払いよりもお得です。その理由は、決済額に応じてポイントやマイルが貯まるから。多くのクレジットカード...

ステータスカードとKyashカードを組み合わせることによるジレンマ

 Kyash カードを組み合わせることで、還元率が低めのステータスカードも、還元率を2%上乗せすることが可能になります。しかしこの方法には、あるジレンマが付きまといます。それは、店員のステータスカードへの反応を見れないことです。ステータスカードを使う大きな理由の1つは、「自分はステータスカードを持ってるんだぞ!」ということを周りの人々に見せびらかし、自慢することです ww 例えば、ラグジュアリーカードを店頭で使うと、多くの店員は金属製カードの重さや感触に多少なりとも驚くでしょう。(因みに私は、ラグジュアリーブラックカードをある食料品店のレジで使ったところ、店員は無反応でしたww) ところが、Kyash カードを利用する場合、店員に渡すのはステータスカードからクレジットチャージしたKyash カードなのです。青色でエンボス加工がない普通の見た目のKyash カードを見ても、店員は何の反応もしないでしょう。クレカマニアやポイントマニアであれば、「仲間だな」と心の中で思われるだけですww

 つまり、折角、自慢するためにステータスカードを作ったのに、見せびらかす場が無くなってしまうのです!!+ 2%の還元率を取るか、見栄を取るか。ジレンマですね。因みに私自身の場合は、上記に書いた通り、ラグジュアリーブラックカードを使った時に何の反応も得られなかった為、還元率重視でKyash カードを使っています。

まとめ

 この記事では、還元率が0.5%程度のものが多いステータスカード (ゴールド、プラチナ、ブラック) の還元率を2%上乗せする方法と、その方法を使うことにより生じるジレンマを紹介しました。プリペイドカードと併用することで、還元率を2%上げることが出来る一方で、ステータスカードを店員に渡し、店員の反応を見る、という重大な機会を損失することになります。得るものも大きいですが、失うものも大きいですww 還元率アップを選ぶも良し、ドヤ顔する機会を選ぶも良し。貴方次第です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私はクレジットカードを40枚以上発行してきました。日本で発行されているほとんど全てのクレジットカードのポイント還元率、年会費などの情報が頭に入っています。還元率が2%以上のクレジットカードを使い、年間で30,000ポイント (=30,000 円相当) 以上貯めて、お得な生活を送っています。

そんなクレカマニアの私も、初めてクレジットカードを作った時はとても不安でした。

大学生時代にアメリカ留学が決まり、現地での買い物用にクレジットカードを発行することになった時、挫折しそうになりました。クレジットカードってどんな仕組みなのか?審査に通るかな?

ネットで色々調べましたが、あまりの情報量の多さに、面倒に感じましたが、「得をするぞ!」という強い精神力で乗り切りましたww

当時の私のように、「クレジットカードって何?」「どんな仕組みなの?」「どうやって選べば良いの?」などの様々な疑問を持っている方の助けになればと思い、当ブログを運営しています。

LINE@にて、新着記事の情報だけではなく、登録者限定で、クレジットカード選びのコンサルティングをしています。

クレジットカードって何が違うの?還元率が高いカードはどれ?などなど...

ブログには書けない裏情報もたまに発信しています。

登録はこちら。

友だち追加

新着キャンペーン情報などをRTしているTwitterはこちら。

https://twitter.com/Credit_Card_M

関連記事