申し込みは計画的に!多重申込に厳しいクレジットカード会社はどこ?

Pocket

こんにちは。

累計で100枚以上のクレジットカードを発行し、

現在も60枚以上のカードを持っている

クレカマニアの Taka です^^

私はクレジットカードが大好きで、

ほぼ毎月のように、クレジットカードに申し込んでいますw

気がつくと、累計で100枚以上のカードを発行してきており、

現在持っているカード枚数も60枚を超えました!

これだけ多くのカードに申し込んでいると、

多重申込 (クレジットカードに連続で申し込んでいる状態) でも

審査に通りやすいカード会社と、

機械審査で瞬殺されてしまうカード会社がわかってきます。

今回の記事では、

私自身がこれまでに申し込んできた経験に基づいて、

多重申込に厳しいカード会社を紹介します。

この記事を読むことで、

あなたが今後申し込むカード会社の審査基準を知ることができ、

審査落ちのリスクを減らし、

審査に通過するためのコツを知ることができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、多重申込って?

多重申込、あるいは申込ブラックとは、

半年間にクレジットカード、カードローンなどの

金融商品への申し込み件数があまりに多くなりすぎて、

カード会社やカードローンの審査に通りにくくなる状態のことを指します。

多重申込の詳細な基準はカード会社ごとに異なりますが、

一般的には、半年間で6~7枚を超えると

多重申込、または申込ブラックの状態になり、

いくら年収が高くて、勤続年数が長くても、

審査に通りにくくなってしまいます

クレジットカードやカードローンへの申し込み履歴は

信用情報機関という組織によって記録されており、

6ヶ月経過すると、この記録は削除されます。

多重申込の基準が過去半年間となっているのはこのためです。

したがって、一度多重申込状態になってしまうと、

最大で6ヶ月待たないと、クレカなどの審査通過はとても困難になります

多重申込に厳しいカード会社と優しいカード会社がある

では、多重申込状態になってしまうと、

全くカードを作ることができないのか?

答えは、No です。

審査基準はカード会社によって異なるので、

多重申込でも普通にカードを発行してくれるカード会社もいれば、

多重申込状態だと機械審査で否決になってしまうカード会社もいます。

そもそも多重申込状態にならないことが理想ですが、

私のようなクレカマニアにとっては、

半年間のカード申込件数を6~7件以下に抑えるのは

とても難しいのですw

なので、多重申込になってしまったら

その状態でも審査に通りやすいカード会社を選ぶことで

審査に通過することができます。

逆に、多重申込に厳しいカード会社を知っておくことで、

あまりカードを作っていない時期に

余裕を持ってそのようなカード会社のカードを作っておくことができたり、

多重申込状態になってしまってからそのようなカードに申し込んで

機械審査で否決されてしまう、

という悲劇を回避することができます。

多重申込に厳しいカード会社

私自身のこれまでの経験では、

アプラスや三菱UFJニコスは多重申込にとても厳しいです。

アプラスが発行しているカードは

ラグジュアリーカード、マネックスカード、ビットフライヤーズカード、

Tカード Premium などがあります。

中でもマネックスカードは、

発表当初から豪華な入会キャンペーンが Twitter でかなり話題になり、

申込受付が始まってからは

「謎審査」で有名になりましたw

詳細はこちらの記事で紹介しています。

こんにちは。   クレジットカードを65枚以上持っている クレカマニアの Taka です。   「謎審査」で有名な、マネックスカードの審査...

三菱UFJニコスは提携カードの種類が多く、

三井住友カードや JCB に並ぶ、王手カード会社です。

ニコス発行している主なカードとしては

三菱UFJカード、VIASOカード、DCカード、JALカード、

シェル Ponta クレジットカード、ディノスカード、リクルートカードなどがあります。

カード券面に NICOS や DC などのロゴが入ったカード以外にも

au Pay クレジットカードにも三菱 UFJ ニコスが関わっています。

たかだか通販サイトの提携カード

と思って油断すると、

多重申込で審査落ちするので注意が必要です。

こんにちは。 60枚以上のクレジットカードを保有している クレカマニアの Taka です。 2021年冒頭に、私は au Pay クレ...

私自身が審査落ちしたことがあるカード会社はこれくらいです。

他にも多重申込に厳しいカード会社の情報があれば

この記事のコメント欄や、Twitter で教えていただけると幸いです^^

多重申込に厳しいカード会社への申し込みは計画的に!

この記事では、

私自身が100枚以上のカードを発行してきた経験に基づいて、

 

多重申込に厳しいカード会社と

そのようなカード会社の審査に通るためのコツを解説しました。

 

 

この記事で紹介したカード会社のカードに

あなたが今後申し込むときには、

多重申込状態になっていないことを確認しましょう。

 

そうでないと、機械審査で落とされて、

そのカードをゲットするために

6ヶ月待たされることになります。

 

 

クレジットカードへの申し込みは計画的に!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


クレジットカードランキング

私はクレジットカードを40枚以上発行してきました。日本で発行されているほとんど全てのクレジットカードのポイント還元率、年会費などの情報が頭に入っています。還元率が2%以上のクレジットカードを使い、年間で30,000ポイント (=30,000 円相当) 以上貯めて、お得な生活を送っています。

そんなクレカマニアの私も、初めてクレジットカードを作った時はとても不安でした。

大学生時代にアメリカ留学が決まり、現地での買い物用にクレジットカードを発行することになった時、挫折しそうになりました。クレジットカードってどんな仕組みなのか?審査に通るかな?

ネットで色々調べましたが、あまりの情報量の多さに、面倒に感じましたが、「得をするぞ!」という強い精神力で乗り切りましたww

当時の私のように、「クレジットカードって何?」「どんな仕組みなの?」「どうやって選べば良いの?」などの様々な疑問を持っている方の助けになればと思い、当ブログを運営しています。

LINE@にて、新着記事の情報だけではなく、登録者限定で、クレジットカード選びのコンサルティングをしています。

クレジットカードって何が違うの?還元率が高いカードはどれ?などなど...

ブログには書けない裏情報もたまに発信しています。

登録はこちら。

友だち追加

新着キャンペーン情報などをRTしているTwitterはこちら。

https://twitter.com/Credit_Card_M

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク