クレジットカードは旅行特典で選ぶ!保険、手荷物無料宅配などが付いたおすすめカードを紹介

 貴方がクレジットカードを選ぶ基準は何ですか?年会費?ポイント還元率?私はこれらに加えて、海外旅行保険や手荷物無料宅配などの付帯特典でもカードを選んでいます。

 この記事では、かつては年会費とポイント還元率しか見ていなかった私がクレジットカード選びの新たな基準を得た背景、私がクレカを選ぶ時のポイントとして、海外旅行保険や手荷物無料宅配などの旅行関連の特典を重要視する理由、旅行関係の特典が付いているおすすめのクレジットカードを紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年会費とポイント還元率が全てだと思っていた倹約家な私

 かつての私は、クレジットカードをただの決済手段としてしか見ていませんでした。つまり、買い物の支払方法として使うのに、お得なクレジットカードを選んでいました。その基準は、年会費無料でポイント還元率が高いことです。例えば、このブログでも紹介している、楽天カード (1%以上還元) やリクルートカード (1.2%還元)、REXカード (1.25%キャッシュバック) などが最強だと思っていました。まさにケチな倹約家で、いかにリスク0で最高の還元率を得るか、ということだけを考えていました。そして、ただの決済手段であるクレジットカードに、金をかける (= 年会費を支払う) 人の気持ちが全く理解出来ませんでした。そもそも、当時の私は旅行にあまり興味が無く、節約の敵だと思っていたので、旅行保険、手荷物無料宅配などの各種旅行優待を使う予定がなく、これらの特典に魅力を感じませんでした。

旅行特典のお得さと便利に気付く

 ある時、仕事の出張で海外へ行くことになりました。ここで初めて、それまではなんとも思っていなかった、海外旅行保険や手荷物無料宅配などの優待が魅力的に思えてきました

 同伴する数名の同僚は、旅行会社が代理販売している海外旅行保険に入ることにしていました。一方で私は、クレジットカードの付帯保険の方が安いと確信していたので、早速、海外旅行保険の特典が付いていて、年会費が安いクレジットカードを探すことにしました。

 ネットで検索すると、エポスゴールドカードに行き着きました。エポスゴールドカードは、エポスカードを半年〜1年で50万円以上利用すると、エポスゴールドカードへの招待が届き、この招待を受けてのアップグレードの場合及びエポスプラチナカードかゴールドカードを持っている家族からの紹介の場合は、エポスゴールドカード年会費が永年無料になります。

 エポスゴールドカードには、海外旅行保険が自動付帯で付いているので、旅行に関わる支払いにエポスゴールドカードを使わなくても、保険が自動的に適応されます。

 手荷物宅配に関しては、VISAゴールドカード優待として、空港から自宅までのスーツケースの配送が、1つまで500円になります。通常価格は2,360円です (160サイズ、成田空港・羽田空港から関東甲信越への宅配の場合)。無料にはなりませんが、単純計算で1,860円の節約になります!空港から配送先が遠ければ遠いほど、値段は高くなるので、その分大きな節約になります。

 空港から自宅までは約2時間かかり、段差があるプラットフォームを行き来して、電車を乗り継いで行くことになります。いちいちエスカレーターやエレベーターを探して移動することを考えると、500円掛けて空港から自宅までスーツケースを宅配した方が楽です。

 幸い、出張まで数ヶ月の猶予があったので、決済を集中させて、エポスカード作成の7ヶ月後にエポスゴールドカードへの招待状を受け取り、年会費永年無料でエポスゴールドカードを入手しました。

旅行特典が付いたおすすめクレジットカード4枚

 海外旅行保険や手荷物宅配の優待が付いているクレジットカードは、実は沢山あります。その中でも、年会費永年無料か初年度無料で入手出来るカードと、最大3個までの手荷物を無料で宅配出来る優待が付いたカードを紹介します。

 1枚目は、先ほど紹介したエポスゴールドカードです。エポスカードからのインヴィテーション (招待) を受けて、エポスゴールドカードに切り替えた場合及びエポスプラチナカードかゴールドカードを持っている家族からの紹介の場合はは、年会費が永年無料になります。

 なお、エポスゴールドカードは直接申し込むことも出来ます。この場合は、初年度年会費5,000 + 税がかかり、年間で50万円以上利用した翌年度以降は、年会費が永年無料になります。

 2枚目はアメリカン・エキスプレス・カード又はアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。通称アメックスと呼ばれ、ステータスカードとして有名なクレジットカードです。アメックスグリーンの場合、海外旅行保険が利用付帯で付いています。利用付帯とは、旅行代金か空港までの交通費をアメックスで決済することで、旅行保険が付帯するタイプの保険のことです。

Amex Green

 

Amex Gold

 

 

 

 

 一方で、アメックスゴールドの旅行保険は、自動付帯ですが、旅行代金の決済にこのカードを使うことで、100万円〜5,000万円補償金額がアップします。

 

 なお、手荷物無料宅配サービスについては、グリーンでもゴールドでも変わりはありません。自宅から空港、空港から自宅、どちらの場合でも無料で利用出来ます。ただし、自宅から空港への宅配の依頼は、出発日の1週間前までに予約が必要です。往復の手荷物無料宅配がついているクレジットカードは、年会費が高いプラチナカード以上しかありません。

 因みにアメックスカードは、年会費が高いですが、キャンペーンを利用することで、初年度年会費を無料にすることが出来ます。アメックスでは、入会キャンペーンとして、初年度年会費が無料になるキャンペーンを年に数回実施しています。なお、公式サイトからの入会よりも、既存会員からの紹介の方が、入会キャンペーンが豪華になります。興味がある方は、このブログの問い合わせフォーム又はLINE@からご連絡下さい。折り返し、申し込みリンクをお送りします。

 3枚目のクレジットカードはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードです。海外旅行保険は自動付帯です。空港から自宅までの手荷物が1つまで無料で宅配出来ます。自宅から空港へ送る場合には、100円割引特典が適応されますが、無料にはなりません。

Image result for セゾンゴールドアメックス

 セゾンゴールドアメックスは、ネットからの申し込みで、初年度年会費が無料になります。

 最後に、4枚目のクレジットカードはラグジュアリーカードです。ラグジュアリーカードには3種類ありますが、旅行保険と手荷物無料宅配の優待内容は共通です。海外旅行保険は自動付帯です。手荷物無料宅配の優待は、これまでに紹介したどのカードよりも優れていて、自宅から空港、空港から自宅どちらの場合も、3個まで無料です。家族連れでの旅行や、長期間の滞在などでスーツケースを複数個運ぶ必要があるときに、ラグジュアリーカードを持っていると、3個まで無料で宅配が可能です。自宅から空港へ配送する時は、出発日の3日前までに電話での予約が必要です。

Image result for ラグジュアリーカード

 ラグジュアリーカードは、日本初の金属製クレジットカードで、特許を取得した技術を使って、レーザーでカード番号やカード保有者の名前を金属の券面に刻印しています。材質が金属であること、富裕層向けのクレジットカードであり、豪華な優待が付帯していることから、年会費が高いです。1番安いチタンカードの年会費は 50,000円 + 税です。三井住友プラチナカード や JCB THE CLASS などのプラチナカード・ブラックカード並みの年会費です。手荷物無料宅配の優待だけの為に申し込むのは、止めた方が良いと思いますが、私のようにクレジットカードマニアの方で金属製カードをコレクションに加えたい方や、周囲の人にドヤ顔したい方、便利なコンシェルジュサービスを利用してみたい方、TOHOシネマズの無料チケットを入手したい方にはオススメのカードです。

 ラグジュアリーカードは、基本的に入会キャンペーンを実施していませんが、時折友達紹介キャンペーンなどを実施することがあります。この記事執筆時点では、ラグジュアリーカード保有者からの紹介で入会すると、ボーナスポイントが貰えるキャンペーンを実施中です (2019年12月末まで)。詳しいキャンペーン内を知りたい方は、問い合わせフォームかLINE@からご連絡下さい。

 「ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード... ステータスカードに憧れるけど、ポイント還元率が低いんだよなぁ・・・年会費が高い上...

海外旅行保険の補償額は合算可能

 クレジットカードの海外旅行保険の補償額は、カード会社が違えば合算可能です (死亡・後遺症補償以外)。例えば、エポスゴールドカードの傷害補償額300万円 + アメックスゴールド (自動付帯分) 200万円 + セゾンゴールドアメックス 300万円 + ラグジュアリーカード チタンカード 200万円 = 1,000万円となり、この金額までの治療費であれば、保険会社が負担してくれます (詳細各カード会社から送付される保険のあらましをご覧下さい。場合によっては、保険が適応されない場合があります)。これだけ大きな補償金額があれば、海外旅行も安心ですね^^

まとめ

 この記事では、私がクレジットカード選びの基準を変えた背景、私がクレカ選びの際に、旅行関連の優待を重視する理由、旅行特典が付いているおすすめのクレジットカードを紹介しました。

 最初は年会費とポイント還元率しか気にしていなかった私は、海外出張の時に海外旅行保険や手荷物無料宅配という旅行関連の優待に注目するようになりました。この時の出張では、保険会社の海外旅行保険に加入しなくても、旅行保険がついたクレカを複数枚持つことで代用出来たので、保険料を節約出来、空港からの帰り道は、エポスゴールドカードの優待を利用してスーツケース自宅へ500円で配送して貰ったので、身軽に帰宅しました。

 過去の私のように。クレジットカード選びの基準として、年会費とポイント還元率しか見えていないという方は、海外旅行や海外出張の機会に備えて、新たな基準を持つのも良いかと思います。

 今回の記事内で紹介しているクレジットカードの中には、既存会員からの紹介特典がついているものがあります。キャンペーン内容を確認したい方や申し込みを検討している方は、このブログ上部の問い合わせフォームかLINE@よりお問い合わせ下さい。Have a nice trip!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私はクレジットカードを40枚以上発行してきました。日本で発行されているほとんど全てのクレジットカードのポイント還元率、年会費などの情報が頭に入っています。還元率が2%以上のクレジットカードを使い、年間で30,000ポイント (=30,000 円相当) 以上貯めて、お得な生活を送っています。

そんなクレカマニアの私も、初めてクレジットカードを作った時はとても不安でした。

大学生時代にアメリカ留学が決まり、現地での買い物用にクレジットカードを発行することになった時、挫折しそうになりました。クレジットカードってどんな仕組みなのか?審査に通るかな?

ネットで色々調べましたが、あまりの情報量の多さに、面倒に感じましたが、「得をするぞ!」という強い精神力で乗り切りましたww

当時の私のように、「クレジットカードって何?」「どんな仕組みなの?」「どうやって選べば良いの?」などの様々な疑問を持っている方の助けになればと思い、当ブログを運営しています。

LINE@にて、新着記事の情報だけではなく、登録者限定で、クレジットカード選びのコンサルティングをしています。

クレジットカードって何が違うの?還元率が高いカードはどれ?などなど...

ブログには書けない裏情報もたまに発信しています。

登録はこちら。

友だち追加

新着キャンペーン情報などをRTしているTwitterはこちら。

https://twitter.com/Credit_Card_M

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク