クレジットカードを解約するデメリット、解約方法、オススメの解約タイミングを解説

 クレジットカードを解約したいと思う時ありますよね?年会費が発生するカード、店員に勧められて作ったけどほとんど使っていないカード、生活スタイルが変わって、現在では使っていないカードなどなど、理由は色々とあると思います。この記事では、クレジットカードをこれまでに60枚以上発行してきたクレジットカードマニアの私が、クレジットカードを解約することのデメリットと注意点、解約により信用情報に傷が付くかどうか、解約方法と、オススメの解約タイミングを解説します。

カード解約のデメリット・注意点

 まずカード解約のデメリットは、クレジットカードを解約した場合、解約したカードは即座に使えなくなります。現在クレジットカードを1枚しか持っていない場合で、そのカードを解約してしまうと、次のクレジットカードが手元に届くまでの間、カード決済が使えないというとても不便な思いをすることになるので、ご注意下さい。そのような場合には、2枚目のカードを発行し、手元にカードが届いた後に、1枚目のカードを解約すると良いでしょう。いざという時には、2枚目のカードを使うことが出来ます。

 ここから先は注意点を解説します。1つ目は、解約予定のカードで、光熱費やネット回線、携帯電話利用代金などの公共料金や各種保険料の支払いを行なっている場合、カード解約前に別の支払い方法に変更しておくことをお勧めします。支払い先の会社によっては、別のクレジットカードを登録する場合や、銀行口座振替に変更することも可能です。(ポイントが貯まる分、クレジットカード払いがお勧めです。) なお、公共料金などの支払い方法の変更には、時間がかかる場合が多いです。電話やネットで完結しない場合には、書類を取り寄せ、記入して返信し、支払い先の会社が処理を行う、という1連の処理が必要になり、手続き完了までに1ヶ月以上かかる場合があります。カード解約を検討している場合には、早めの行動が大事です。

 2つ目の注意点は、カード解約時点で未だ支払いが残っている場合についてです。カードを解約する場合、リボ払いや分割払いでの利用残高が残っている場合は、基本的には一括請求されます。多くのカード会社の場合は、翌月一括払いで、利用明細書が郵送で届き、指定の支払日に口座振替により支払うことになります。カード解約と同時に、カード会員用サイトでのweb明細サービスも解約となるので、解約後の支払い分に関しては、必ず利用明細書が郵送で届きます。忘れずに内容を確認しましょう。

 3つ目の注意点は、解約後のカードの取り扱いについてです。解約したカードは、もう使えませんので、ハサミでICチップと磁気ストライプを細かく切断して破棄しましょう。IC チップや磁気テープには、カード利用者の個人情報が登録されており、切断せずに破棄すると、第三者に個人情報が漏洩し、不正利用される可能性があります。必ず細かく切ってから、可能な限り複数回に分けてゴミ袋に入れて破棄しましょう。カードに対応したシュレッダーがある場合には、カードをシュレッダーに通すことも出来ます。切断面は鋭いので、怪我に気を付けましょう。

 4つ目の注意点は、解約予定のカードでコンサートなどのチケットを購入している場合、コンサート会場での本人確認時に、購入したクレジットカード本体が必要になる場合があります。このような場合は、解約したカードを直ぐに破棄せずに、コンサートが終わった後で処分しましょう。

 最後に5つ目の注意点は、一部のカードの解約時には、カード本体をカード会社に返送する必要があることです。ビューカード各種やアメックスビジネスプラチナカードなどは、カード解約時にハサミを入れた後のカード本体の返答が必要になりますので、破棄しないように気を付けましょう。

カード解約により信用情報に傷は付かない

 発行直後 (目安は2~3ヶ月以内) でない限り、カードの解約自体はマイナス要因にはなりません。発行直後の解約は、入会特典目当てだとカード会社にバレてしまい、審査で不利になる場合があります。発行したカードは、最低でも半年〜1年は保有しましょう。この期間中に、毎月少しでもカードを利用して実績を積んでおくと、後々の審査で有利になります。

 なお、利用代金が未納のままカードが強制解約になった場合には、信用情報機関に異動情報が残り続けます。支払いが完了してから5年間は、「ブラックリスト入り」の状態になり、クレジットカードや各種ローンの審査に通りにくくなります。

クレジットカードの利用可能枠が10倍に増枠された!1年半の利用実績を公開!

クレジットカードの審査に落ちた!なぜ?理由を考察

解約方法:インターネット・電話・郵送

 カード解約方法はカード会社によりますカード申し込みはインターネット経由が主流ですが、解約時にネット経由で完結する場合はほとんどありませんほとんどのカード会社は電話による解約となります。カード会社によっては、解約専用の自動音声がある場合あり、この番号はネットで検索すると出てきます。待ち時間が殆どないので、急いでいる場合やオペレーターと話したくない場合には便利です。ただし、受付時間に注意が必要です。平日の9:00 ~ 17:00 など、一般的なサラリーマンの勤務時間と被っている場合もあります。この場合には、昼休みを利用するしか方法はないですね。カードを手元に用意して、電話しましょう。

 なお、自動音声の場合には、カード番号に加えて、カード暗証番号が必要です。忘れてしまった場合はオペレーターと直接話をする必要があります。

 一部カードの解約には、解約届が必要になります。ビューカードやJALカードなどの解約時には、解約届を郵送してもらい、記入し返信が必要になります。

いつ解約すべきか?お勧めのタイミング

 年会費が発生する場合には発生する月より前で、カード発行後半年〜1年以上後がお勧めです。カード発行直後の解約は、その後のカード入会審査で不利になる場合がありますので、入会特典目的ではなく、毎月利用したんだ、という利用実績を積んだ後で解約することをお勧めします。

クレジットカードの利用可能枠が10倍に増枠された!1年半の利用実績を公開!

優良顧客には解約引き止めもあるかも?

 ネットの口コミを見ていると、ある年会費が高額なゴールドカードの解約連絡時に引き止められたという情報があります。このようなケースに当てはまる共通点は、年間利用金額が多いことや付帯サービスを利用していることです。解約を申し出たところ、オペレーターに交渉され、ボーナスポイントや次年度年会費優遇などの申し出があったそうです。私自身は引き止められた経験がないので、あくまでネット上の書き込みを基にして書いています。

まとめ

 この記事では、クレジットカードを解約することのデメリットと注意点、信用情報機関への影響、解約の方法と、解約のタイミングのお勧めを紹介しました。

 ・解約したカードは即座に利用不能になり、個人情報保護の為にハサミなどで細かく切って処分する必要があります。

 ・コンサートチケットなどの購入に使った場合には、コンサート会場での本人確認時に、チケット購入に利用したカード本体が必要になる場合があるので、そのような場合にはコンサート終了後にカードを破棄しましょう。

 ・解約予定のカードで各種公共料金の支払いを行なっている場合には、余裕を持って別のカードや口座振替への変更手続きが必要です。カード解約時点での未払い利用分は、原則翌月に一括払いでの請求となります。

 ・Web明細サービスも解約することになるので、利用明細書が郵送で届きますので、必ず確認しましょう。リボ払いや分割払いの残高が残っている場合は、高額の請求が一括で来るので要注意です。

カードを解約すること自体は、信用情報機関上の悪影響はありませんが、カード発行直後の解約は、入会特典目的だと思われ、今後の審査で不利になります。最低でも半年〜1年程度は利用しましょう。

・カードを解約する場合には、年会費請求月よりも前で、カード発行の半年〜1年後に行いましょう。こうすることで、利用実績を積むことが出来ます。

・カードによっては、解約時に引き止めがある場合があるらしいですが、ネット上の口コミのみなので、何とも言えません。私自身は未経験です。

 

カード解約前に、カード解約によるデメリットを確認しましょう。合わせてこちらの記事では、複数枚のカードを使い分けることのメリットを紹介しています。

クレジットカードの複数枚持ちは当たり前!メリット・デメリットを解説

クレジットカードの複数枚持ちは当たり前!メリット・デメリットを解説

 「クレジットカードを複数枚持ちたくない!」「2枚目以降だと審査が不安!」という問い合わせをよく当ブログの問い合わせフォームやLINE@のメッセージで頂きます。結論は、クレジットカードは複数枚持つべきです。この記事では、これまでに60枚以上のクレジットカードを発行してきた私が、クレカの複数枚持ちを推奨する理由と、注意点を解説します。

クレジットカード複数枚持ちのメリット

 クレジットカードを複数枚持つメリットは、6つあります。国際ブランドを分ける、カード別特典、旅行保険の合算、予備、使い分け、限度額を増やせること、です。1つずつ見ていきましょう。

国際ブランドを分ける

 クレジットカードには国際ブランドというものがあり、国際ブランドによってどの店舗で決済出来るかが決まっています。例えば、VISA と Mastercard との加盟店契約を結んでいて、JCB とは契約していない店舗では、JCB ブランドのクレジットカードは使えません。VISA か Mastercard の国際ブランドの付いたカードのみ利用可能です。

 異なる国際ブランドの付いたクレジットカードを保有することで、より多くの店舗でカード決済が可能になります。先ほどの例に出した店舗では、VISA 及び Mastercard との契約はしていますが、JCB との契約はしていません。そこで、JCB ブランドのカードの他に、VISA か Mastercard のクレジットカードを持っていると、この店舗でもカード決済が出来ます。1枚目のクレジットカードに JCB カードを選んだ場合、2枚目のクレジットカードとして三井住友カード (VISA か Mastercard から選択可能) を発行すると、ほとんどの店舗でクレジットカードを利用出来るようになります。

 海外でのカード利用を想定する場合、オススメの国際ブランドは VISA か Mastercard です。これらの国際ブランドが付いたクレジットカードは、加盟店数が JCB よりも圧倒的に多く、クレジットカード決済に対応している店舗のほとんどで利用可能です。日本発祥の国際ブランドである JCB は、海外ではほとんど使えません (加盟店がほとんどありません)。

クレジットカードの国際ブランドとは?5大国際ブランド比較

カード別特典

 王手スーパーなどと提携して発行しているクレジットカードには、提携店舗での優待特典が付いているものが多いです。例えば、スーパーであるイオンでは、毎月20日と30日に、「お客様感謝デー」を開催しており、これらの日にイオンカードを使って買い物をすると、買い物代金が5%割引になります!他社カードで決済した場合にはこの優待は受けられませんイオンカードは、イオンで買い物をする方は必須のカードです。オススメのイオンカードはこちらの記事で紹介しています。

 このように、クレジットカードに付帯しているサービスや特典を利用する為に、クレジットカードを複数枚持つことは、お得な生活に繋がります。どうせ買うなら、お得に買いましょう!

旅行保険

 クレジットカードの中には、旅行保険が付帯しているものがあります。旅行保険は海外旅行保険と国内旅行保険の2種類に分かれています。名前の通り、海外旅行保険は、日本国外への旅行時に怪我をしたり入院したりした際に掛かった費用を補償し、国内旅行保険が補償するのは、日本国内のツアーなどの旅行中に起きた怪我や病気などによる治療費です。

 それぞれの保険の適応条件として、自動付帯と利用付帯が存在します。自動付帯とは、カードを持っているだけで保険が適応される場合です。利用付帯の保険は、旅行代金をそのクレジットカードで支払うことで、保険が適応されるケースです。

 海外旅行保険の補償項目の内、死亡補償以外の項目は、異なるカード会社から支払われる保険金を重複して受けることが出来ます。例えば、JACCS が発行する REX カードと三井住友カードが発行する三井住友カードクラシックAを保有していた場合に、海外旅行中に疾病治療を受けたとします。疾病補償として受けられる最大金額は、REX カードの補償上限額200万円 (自動付帯) + 三井住友カードクラシックA の補償上限額100万円 (自動付帯) = 300万円になります。特にアメリカなどの医療費はとても高いので、クレカの旅行保険を利用する場合は、上限額が大きければ大きいほど安心ですね。ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードは、一般カードと比べて、旅行保険の補償上限額が大きい場合が多いです。

予備のカード

 クレジットカードを1枚しか持っていない場合、そのカードを紛失してしまった場合や盗難にあった場合に、とても困ります。カード会社に連絡して再発行することは出来、不正利用金額は補償されますが、再発行されたカードが到着するまでの間はクレジットカード決済が出来ません。現金や持っている方は、デビットカード、プリペイドカード、電子マネーで買い物をすることになります。

 日本国内であれば、現金があれば問題ないでしょう。しかし海外旅行中にカードを無くしてしまった場合や盗まれた場合、残りの海外生活で現金のみというのは、正直厳しいです。予め大量の現地通貨を両替してきている場合を除き、とても金欠状態になります。そもそも、カードを盗まれるということは、財布ごと盗られた場合が多いので、現金もほぼ無い状態でしょう。

 このように、カードの紛失・盗難時に備えて、予備のカードを数枚持っておくことをオススメします。海外旅行に行く場合は、財布を複数個に分け、それぞれの財布にカードを1枚ずつ入れるなど、盗まれても困らないような工夫も必要です。

複数枚のクレジットカードを使い分ける

 個人事業主の方や結婚されている方は、用途に応じて複数のクレジットカードを使い分けると便利です。個人事業主の方の場合、経費決済用のカードと個人の買い物用カードを分けておくことで、経費の計算が楽になります。

 結婚されている方は、家族の出費用のカード (と銀行口座) と、個人の趣味などに使うカード (と銀行口座) を分けておくことで、家計をめぐるトラブルに遭遇しにくくなるのではないでしょうか?

 個人事業主や既婚者ではない方は、買い物の利用先によってカードを分けるとお得です。電子マネーへのクレジットチャージでポイントが貯まるカードを使ってクレジットチャージをすることで、ポイントの2重取りが可能になります (nanaco や Edy など)!その他にも、JCB カード W (plus L) などは、優待店舗がとても多く、これらの店舗で JCB カードを利用することで、ボーナスポイントを獲得出来ます。クレジットカードを使い分けて、ポイントを効率良く貯めましょう

限度額を増やす

 複数枚のカードを持つことで、合計の限度額を増やすことが可能です。クレジットカードには利用可能枠があります。カード申し込み時にカード会社によって決められ、カード発行後は、カードの利用状況に応じて、途上与信を行い、随時増額や減額が行われます。利用可能枠を増枠することは、簡単ではありません。利用実績を最低でも半年間は積む必要がありますし、新卒などで勤続年数が短い場合などには、利用可能枠が低めで設定されることが多いです。

 利用可能枠を超えて、日常的にカードを利用する必要がある場合には、他のカード会社が発行するカードに申し込むという方法があります。利用可能枠はカード会社毎に設定される為、別のカード会社でカードに申し込むことで、追加の利用可能枠を得ることが出来ます。例えば、1枚目のカードの限度額が30万円で、2枚目のカードの限度額が50万円で、3枚目のカードの限度額が20万円の場合、合計で100万円までの決済を行うことが出来ます。利用可能枠が低くて困っている場合には、複数のカード会社が発行するカードを発行しましょう。

クレジットカードの利用可能枠とは?利用可能額との違いは?

クレジットカードの利用可能枠が10倍に増枠された!1年半の利用実績を公開!

クレジットカードを複数枚持つ際の注意点

 クレジットカードを複数枚持つ場合には、申し込みのタイミングに注意しましょう。次から次へと連続してクレジットカードを申し込むと、多重申し込み状態になり、審査に落ちやすくなります。1ヶ月に1枚ずつなど、計画的に申し込みましょう。多重申し込みに関する記事はこちら

まとめ:クレジットカードは複数枚持つべし!

 クレジットカードは複数枚持つべきです。理由は5つです。複数の国際ブランドの付いたカードを持つことで、カード決済可能な店舗が増えること、カード毎に特典が異なるので、普段利用する店舗で特典を得られるカードを利用した方がお得であること、海外旅行保険の補償上限額を合算する為、メインカードの紛失・盗難に備えて、そして、利用目的によってカードを使い分け、トラブルを避けたりポイントの2重取りをする、別のカード会社のカードを持つことによって合計のカード限度額を増やす為です。

 複数枚のクレジットカードを持とうと決めたら、計画的に発行しましょう。短期間に連続して申し込むと、審査に通りにくくなります。

クレジットカード連続申し込みは何枚まで可決されるのか?

イオンカードが20%キャッシュバックキャンペーンを開始!最大10万円まで!

 7月に入り、イオンカードが強烈なキャンペーンを打ってきました。最大でカード利用代金の20%が引き落とし口座にキャッシュバックされるというものです!キャッシュバック上限額は、合計10万円まで!!つまり、50万円までの買い物が、実質20% off になります!!意味不明なほどお得なこのキャンペーンを、詳しく解説していきます。

キャンペーン概要

 今回のキャンペーンは、新規入会したイオンカードでの買い物額に対して、最大で20% (50万円分の買い物分) のキャッシュバックを行うというものです。既にイオンカードを持っている方もご安心下さい!イオンカードには種類が沢山あり、現在保有していないイオンカードの種類を新規申し込みすることで、このキャンペーンの対象になります。私のオススメは、イオンカードセレクトです。イオン銀行のキャッシュカードと一体型になっているカードで、条件を満たすことでイオン銀行の普通預金金利を最大で0.15%まで上げることが出来ます。当ブログ経由でイオンカードにお申し込み頂くと、限定特典として、年会費無料のゴールドカードであるイオンゴールドカードセレクトの招待条件をお伝えします。私自身が実際にイオンゴールドカードセレクトを入手する為に行ったことですので、口コミサイトよりも信憑性が高いです。

銀行の金利が上がるクレジットカード!?

キャンペーン詳細

実施期間

入会期間:2019年7月1日(月) ~ 2019年9月30日(月)

カード利用期間

①2019年7月25日(木) ~ 2019年7月31日(水)
②2019年8月25日(日) ~ 2019年8月31日(土)
③2019年9月24日(火) ~ 2019年9月30日(月)

対象カード

すべてのイオンマークのカード、デビットカード、JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCA (法人カード、サンデーアグリッシュカードは対象外となります。)

オススメはイオンカードセレクトです。

キャッシュバック条件

    1. イオンマークのカードに新規入会すること (現在保有していないイオンカードに新規申し込み)
    2. イオンウォレットアプリでキャンペーン応募すること
    3. 新規発行したイオンカードの引き落とし口座をイオン銀行の口座に設定すること

1 と 2 の条件を満たしている場合には、10%のキャッシュバックを、1~3の全ての条件を満たしている場合には、追加で10%のキャッシュバックを得られ、合計で最大20%のキャッシュバック (10万円利用分まで) を受けることが出来ます。

 

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)の入会期間中に新規でご入会いただき、発行されたカード(以下、対象カード)で、利用期間中にカードショッピングをご利用いただいた方に、ご利用金額の最大20%をキャッシュバックいたします。
対象カードに付帯されている「WAON」や「Suica」などの電子マネーご利用分はキャッシュバックの対象外となります。

キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で、以下の条件を満たしている方が本キャンペーンの対象となります。

①入会期間中に新規でご入会いただき、利用期間中に対象カードでカードショッピングのご利用があること

②イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」をダウンロードいただき、対象カードが登録されたイオンスクエアメンバーIDでログインのうえ、本キャンペーンにご応募いただいていること

③対象カードの引落口座がイオン銀行であること

①~③をすべて満たしている場合は対象金額の20%を、①②のみ満たしている場合は対象金額の10%をキャッシュバックいたします。①~③は同一カードであることが条件となります。

キャッシュバック時期

キャッシュバック金額は2019年11月下旬頃に、対象カードの引落口座へお振込みさせていただきます。

・本キャンペーンにおけるキャッシュバック上限金額は、おひとりさまにつき合計10万円となります。 同一名義の対象カードが複数枚ある場合、キャッシュバック上限金額は、全対象カード合計で10万円となります。(カード1枚ごとに10万円とはなりません)

・1明細(1回のお支払い)ごとのキャッシュバック上限金額は1万円といたします。

・キャッシュバックは、1明細(1回のお支払い)ごとに計算いたします。(1円未満は切捨て)

キャンペーンの注意事項

 

  • 入会期間中に新規でご入会いただいたカードが対象です。すでにお持ちのカードのご利用分は対象外となります。

  • キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で以下の項目に該当する場合は、本キャンペーンの対象外となります。
    ①引落口座が設定されていない場合
    ②対象カードを解約されている場合
    ③お支払いの遅延等が発生している場合

  • 電子マネー(「WAON」や「Suica」等)や各種プリペイドカードへのチャージ、携帯電話料金、各種公共料金、その他(月会費、イオンカードde家賃、キャッシングご利用分、ATM手数料、その他)など、一部キャッシュバック対象外のご利用分がございます。なお、対象外項目は予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
    »詳しくはこちら

  • 当社が不適当と認めた場合等、キャッシュバック対象外とさせていただく場合がございます。

  • キャッシュバックの対象は、利用期間中にご利用いただいたもののうち、2019年9月2日(月)・10月2日(水)・11月5日(火)お引落とし分のご利用明細に記載されているご利用分が対象となります。なお、利用期間の判定は、ご利用明細に記載の「ご利用日」に基づきます。ネットショッピングをご利用された場合、商品発送日がご利用日となり対象外となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ご利用店舗から当社へ売上伝票の到着が遅れた場合、対象外となる場合がございます。

  • キャッシュバック対象のご利用分について返品された場合、キャッシュバック対象外とさせていただきます。

  • 本キャンペーンは、すべてのお支払いが対象となります。(1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い)ご利用店舗によっては選択できないお支払方法がございます。

  • 対象カードにひもづく家族カードやETCカード、イオンiD、Apple Payなどのご利用分もキャッシュバック対象となります。

  • 他の割引企画とも併用されます。割引後のご利用金額(ご利用明細に記載された金額)がキャッシュバック対象となります。

  • キャッシュカード一体型(荘銀イオンカード等)など、引落口座をイオン銀行に設定できないカードがございます。その場合、当該カードのキャッシュバック金額は10%となります。

  • キャッシュバック金額をお振込みする時点で、引落口座が当行にお届けいただいている内容と相違している場合など、振込エラーが発生した場合はキャッシュバックの対象外となります。

  • 引落口座変更のお手続きをした場合、タイミングによっては変更前の口座と判定される場合があります。通常、変更登録には5営業日程度ですが、事務処理の都合により通常よりお時間がかかる場合がございますので、お早めのお手続きをお願いいたします。

  • 本キャンペーンは、対象カードのご入会・ご利用状況により予告なく変更・終了する場合がございます。その際はキャンペーンページ(当社ホームページ)にてご案内いたします。

 

カード申し込みの注意事項

 

  • イオンカードセレクトのクレジット払いのご利用代金は、イオン銀行口座からのお引落としとなります。

  • 家族カードの新規ご入会やイオンカードからの切替お申込みは対象外となります。
    ※ イオン銀行キャッシュカード(キャッシュ+デビットカードを含む)から、イオンカードセレクトに切替お申込みされた場合は対象となります。

  • 一度退会された方が再度同一のカードにご入会された場合や既にお申込みされている方がそのお申込みをキャンセルし再度お申込みいただいた場合は、本キャンペーンの対象外となりますのでご注意ください。

  • 複数枚お申込みの場合、審査によりカード発行枚数を制限させていただく場合がございます。

  • 審査によりお申込みの意に添えない場合がございます。イオンカードセレクトをお申込みの場合、イオン銀行総合口座をお持ちでないお客さまにはイオン銀行キャッシュ+デビット(JCBデビット機能がついたキャッシュカード)が発行される場合があります。その場合も、本キャンペーンの対象となります。

  • イオンSuicaカードやコスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」は、お申込み時にオンラインで引落口座を設定いただく必要があります。
    »取扱金融機関の詳細はこちら

  • キャンペーン番号:1907-H009

 

イオンカードの申し込みはこちら

 この上なくお得なキャンペーンです!最大50万円利用分まで、20%キャッシュバックで、最大10万円分まで割引になります!夏休みに旅行の計画がある方や、引っ越しなどで大きな買い物をする予定がある方は、迷うことなく発行しましょう!

 

イオンカードセレクト

新規申し込みの際には、以下の紹介IDを入力して頂けると嬉しいです。

   紹介ID: 63D45V