クレジットカード裏面の署名は何故必要?サインがないとどうなるの?

クレジットカードを持っている方は、カードの裏面に署名をするようにカード会社から指示があると思います。カード枚数が多い方や長年カードを使っていて、更新カードを使っている方は、次第に面倒になってサインをしていない方もいるのではないでしょうか?もし、貴方が自分のカードの裏面にサインをしていないとしたら、どれほど恐ろしいことになるのかをこの記事では紹介します。

そもそもサインは何故必要なのか?

 クレジットカード裏面の署名は、そのカードを使って店頭で買い物をする時に、その支払いをカード保有者本人が行なったということを証明する為に必要なのです。

 店頭で買い物をする時に、暗証番号の入力かサインのどちらかを要求されることが多いと思います。これらの動作をカード利用者に対して求める目的は、本人確認なのです。そのカードを利用した人が、確かにカード利用者本人であり、売上伝票に表示されている金額、支払方法を了承した、という客観的な支払の証拠になります。

 万が一、カードが盗難・紛失にあい、第三者によって不正に利用された場合、利用した店舗でのサインとカード裏面のサインを照合して、筆跡を確認します。他人の名前を書くことは真似出来ても、筆跡を真似ることは容易ではありません。この方法で第三者による不正利用であることが確認出来た場合には、不正利用された金額をカード会社が補償してくれます (条件あり)。

カード裏面に署名をしないとどうなるの?

 カード裏面にサインがない場合、2つの大きな問題が発生します。1つは、店頭でカードを利用出来ない場合があることです。店頭でクレジットカード払いで消費員を購入する際、店舗はカード利用者に対して、その場でカード裏面に署名を求めることが出来ます。そして、もしこの要請に応じない場合は、そのカードでの支払いを拒否することも出来ます。これは、クレジットカードの不正利用対策として取られている措置です。カード裏面に署名がないカードは、カード本人が買い物をしているかどうかを判断出来ない為、第三者のカードを不正に利用している可能性が浮上します。こういった理由から、店舗ではサインがないクレジットカードを使ってカード決済を行う際、決済前にカード利用者にその場でサインを求めることがあります。

 私も実際にこのような場面を見たことがあります。つい先日も、コンビニで、私の前に会計をしていた客が、カードを差し出し、店員がカードを機械に通そうとした時、裏面を確認して、サインがないことに気付きました。その店員は、胸ポケットの黒ボールペンを取り出し、そのお客に対して「ご署名をお願いします」と言っていました。ほとんどの会計時にサインレス・暗証番号レスで決済を行うコンビニでだからこそ、不正利用に対して警戒しているということが分かり、安心しました。

 カード裏面にサインをしないことによる2つ目の問題点は、カードが不正利用された際に、不正利用された金額をカード会社に補償してもらえないということです。クレジットカードの裏面に署名をすることは、カード利用規約に記載されています。つまり、カード裏面にサインをしないで利用するという行為は、カード規約違反に当たります。カード会社によってはカード裏面に署名をしていない場合の不正利用は、補償対象外であるということを明記している場合もあります。万が一、不正利用されても、その金額は全額自己負担することになってしまいます。このような最悪の状態を避ける為に、忘れずにサインをしましょう。

署名は漢字?ローマ字?苗字のみ?ニックネーム?

 カード裏面の署名に関して、規定は何もありません。漢字で書けという指定もなければ、フルネームでなければならないという制約もありません。上記で述べた通り、カード裏面のサインは、カード保有者本人が利用したということを証明するためのものなので、大事なのは署名の種類ではなく、筆跡なのです。カード裏面のサインの筆跡と、店頭での買い物時のサインの筆跡が同じであれば、カード保有者による利用であることの証明になります。

 このことから、漢字以外に、ひらがなやカタカナでのサインでもOKだし、イニシャルだけでも問題ありません。(不正利用を防止するという観点からみると、文字数が多いフルネームや、画数が多い漢字での署名の方が筆跡を真似されにくくなるとは思いますが。)

 なお、外国人の不正利用されないように、漢字で署名すべきだという主張がありますが、これは主にどこでカードを利用するかを考えてから、どの言語で署名をするべきか決めと良いでしょう。主に日本国内で利用するのであれば、日本人に不正利用されにくいように、日本語以外の言語で署名したり、海外での利用が多い方なら、日本語 (漢字以外にもひらがな・カタカナ) での署名が、不正利用防止には有効かもしれません。ちなみに、海外で利用する場合には、ホテルのチェックイン時などに、パスポートチェックと同時にクレジットカードで決済 (デポジット) し、署名を求められる場合があります。この場合には、パスポート上のサインと、カード裏面のサインが違う言語やスタイルで書かれていると、本人確認が出来ない場合があるので、ご注意下さい。

家族カードや追加カードの署名は誰の署名?

 配偶者や家族向けに追加発行する家族カードや追加カードの裏面の署名欄には、誰の名義でサインをすれば良いのでしょうか?答えは、カード名義人本人のサインです。クレジットカードは、カード名義人本人 (個人) に対してカード会社から貸し出されるものなので、家族カードや追加カードであっても、本会員ではなく、カードに記載されている名義人本人の署名が必要です。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?この記事では、クレジットカード裏面に署名をすることの意味と、署名をしないことによって引き起こされる2つの深刻な問題を紹介しました。

 クレジットカード裏面のサインによって、カード利用者がカード保有者本人であり、レシートに記載された金額・支払方法を承認したという証拠になります。万が一、カード裏面に署名がない場合、店舗はその場でカード利用者にサインと求めることが出来、お客がサインを断った場合は、そのカードでの取引を拒絶することが出来ます。これは、カードの不正利用防止の観点から講じられている措置であり、不正利用による犯罪を減らそうという取り組みの一環です。

 カード裏面にサインがない状態のカードが、第三者によって不正利用された場合、カード会社による不正利用補償が受けられません。これは、カード裏面に署名することがカード規約によって定められており、署名をしていないということは規約違反に当たる為です。

 もし、1枚でも裏面に署名をしていないカードがある場合は、今すぐに署名をしましょう。クレジットカードは、正しい知識を持って適切に利用しましょう。

ポイント還元率が高く券面がとても美しいカードは?

JCB カード W、JCB カード W plus L というクレジットカードがあります。これらのカードはポイント還元率が高いだけではなく、券面がとても美しいカード達です。

この記事では、クレジットカードを券面で選びたい方や、ポイント還元率が高いカードを選びたい方向けのカードとして、JCB カード W と、女性向け特典が付いた JCB カード W plus L を紹介します。

 

年会費

年会費は永年無料!年間利用金額や頻度にかかわらず、永遠に無料で持ち続けられます。

ポイント還元率

 ポイント還元率は、常時1%以上です!JCB カード W (plus L) は、JCB オリジナルシリーズのカードで、他のオリジナルシリーズのカードと比べて、ポイント還元率が2倍です。1ヶ月間の合計利用金額に対して、税込 1,000 円毎に2ポイント貯まります。1ポイントには5円相当の価値があります。買い物1回毎ではなく、1ヶ月の利用金額の合計に対してポイントが付与されるので、端数が出にくくなり、ポイントが貯まりやすくなります

JCB Original Series は特約店で還元率アップ!

 JCB オリジナルシリーズのカードは、特約店が沢山あり、これらの店舗で JCB カード W (plus L) を利用すると、ポイント還元率が上昇します。代表的な店舗は、amazon (合計還元率:2%)、セブンイレブン (合計還元率:2%)、スターバックスカード (合計還元率:5.5%)、ENEOS (合計還元率:1.5%)、昭和シェル石油 (合計還元率:1.5%) などです。

 特約店のポイント優遇には、事前のキャンペーン登録が必要な場合があるので、ご注意下さい。カードが届いたら、利用前に「JCB Original Series」サイトを確認しましょう。

ApplePay 対応

JCB カード W (plus L) はApplePayに対応しています。iPhone 又は Apple Watch に登録しておくと、カードを財布から出さずに買い物が可能になります。コンビニでささっと買い物を済ませたい時や、急いでいる時などに重宝します。時間は有限なので、少しでも節約したいですね。

誰が持てる?

 申し込み資格は、18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
(一部、お申し込みになれない学校があります。)

 ネット申し込みのみ受け付けており、カード申し込み時にオンライン口座振替の手続きが必要です。自分が持っている銀行でネットバンキングの手続きをしていることが条件になります。ネットバンキングの契約をしていない場合は、銀行口座を新たに作ることも出来ます。楽天銀行などのネット銀行は、1週間程で、オンラインの手続きのみで口座開設が可能です。

女性向けの特典が付いた JCB カード W plus L

JCB カード W に女性向けの特典が付いたカードが、JCB カード W plus L です。綺麗なピンク色の券面で、とても美しいです。私はこの券面の美しさに惹かれて、JCB カード W plus L の方を発行しました。是非、公式サイトで券面を確認して見て下さい。

 

JCB カード W plus Lのメリットは、美しい券面だけではありません。化粧品や旅行クッズなどが抽選で当たるキャンペーンがあったり、女性向けのお得な情報を配信しているメルマガを受信することが出来、TOHOシネマズの映画館証券が抽選でプレゼントされる企画に参加出来たり、女性向け保険に加入することも出来ます。これらのサービスは、全て、オプションとして選べるものなので、必要ない場合には外すことも出来ます。カードに申し込む際に、必要なオプションのみを選ぶことも出来ます。

レビュー

メリット

 JCB カード W (plus L) は、ポイント還元率が高く、年会費永年無料で、券面がとても美しいカードです。特に、ポイント還元率の高さと特約店の多さは、日常での利用でポイントをザックリ稼ぐ手助けをしてくれます。私自身は、amazon で頻繁に買い物をするので、amazon での買い物をポイント還元率2%で出来るというのはとても大きなメリットです。美しい券面も、リラックス効果があります (個人的感想)。

 今までの JCB Original Series のカードは、年間利用金額が50万円未満の場合は年会費が発生し、ポイント還元率も0.5%が基本でした。年間利用金額が少ない場合には、年会費が発生する上に、ポイント還元率も低いという、とても使いにくいカードでした。

 しかし、新たに登場した JCB カード W (plus L) は、それまでの JCB オリジナルシリーズの弱点をことごとく克服しました。年会費においても、ポイント還元率においても、申し分ないスペックになって生まれ変わりました。なかなか非の打ち所が少ないカードです。

 私自身は、このカードを1年以上持ち続けています。表面と裏面が共に綺麗なピンク色の美しいカードです。メインカードではないので、あまり利用しませんが、財布から出して支払う度に、美しい券面を見てうっとりしてしまいます。ww 私にとっては、券面の満足感が最も高いですね。

デメリット

 JCB カード W (plus L) にも弱点は存在します。1つは、ポイント付与単位が1,000円毎であることです。毎月の利用金額100円毎にポイントが貯まるカードもある時代なので、ポイント付与単位をもっと細かくしてほしいと思います。

 2つ目のデメリットは、申込者に対して制限があることです。39歳以下でネットバンキングの契約をしていることが条件です。現代の20代の方の多くは、ネットバンクやネットバンキングの契約をしていると思いますが、30代となると、この条件に当てはまらない方もいるのではないでしょうか?誰にでも申し込むことが出来ないカードであるという点は、デメリットですね。

 最後に、電子マネーチャージでポイントが貯まらないことも大きな問題点です。JCB のプロパーカードなので、モバイルSuica チャージをはじめとする電子マネーやプリペイドカードへのクレジットチャージ に対して、ポイントが一切貯まりません。日頃から電子マネーとクレジットカードを併用している方にとっては、使いにくいカードかもしれません。

JCB カード W (plus L) を作ろう!

いかがでしたでしょうか?この記事では、JCB カード W (plus L) のメリット・デメリット、レビューを紹介しました。JCB カード W (plus L) は、年会費永年無料、ポイント還元率1%以上で、綺麗で美しいデザインの券面を持ったクレジットカードです。amazon などのJCB Original Series パートナーの店舗で頻繁に買い物をする方は、このカードを使うだけでポイントがザクザク貯まります。